テーマ:

ツマグロヒョウモン(褄黒豹紋)☆高尾山にて

ツマグロヒョウモンの雄。タテハチョウ科。 本来は南方系の蝶ですが地球温暖化の影響で分布も北上しているそうです。 この景色で場所が特定できる方はかなりの高尾通かな。 2009年8月14日(金)。高尾山にて。     …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオムラサキ(大紫)☆高尾山にて

オオムラサキの雄です。日本の国蝶。タテハチョウ科。 「環境省 レッドリスト・レッドデータブック(RDB)」 準絶滅危惧(NT) 。 青紫色の美しい翅を広げてくれました。 2009年8月14日(金)。高尾山にて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)☆里山にて

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)。ガガイモ科。 星型の小さな花を咲かせます。多年生つる植物。 名前の由来については不明です。 花を横から見るとカモメが飛行している姿に似てるかも。 これから高尾山に行ってきます。 ムササビが滑空する姿を見たいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アブラゼミ(油蝉)☆羽化中です

幼虫で5年以上地中で過ごしたアブラゼミ。この後羽化に失敗して翌日息絶えていました。 自然の中で生き抜くことは厳しいことです。                           ブログランキングに参加してます                  …
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

夏の昆虫たち☆高尾山・奥高尾にて

樹液を吸うカブトムシ(甲虫・兜虫)。コガネムシ科。 奥で翅を広げ赤い口吻(こうふん)を伸ばしているのはスミナガシ(墨流し)。 森林性のスミナガシ(墨流し)。タテハチョウ科。 カブトムシと森林性のムネアカオオア…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

スミナガシ(墨流し)☆高尾山・裏高尾にて

地味ですけど青色と緑色が綺麗な蝶。スミナガシです。 口吻(こうふん)が赤いです。 2009年8月3日(月)。高尾山・裏高尾にて。                           ブログランキングに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キキョウ(桔梗)☆夏の高尾山・奥高尾にて

稀産種のキキョウ(桔梗)が咲いていました。自生株でしょうか。 「環境省 レッドリスト・レッドデータブック(RDB)」 では絶滅危惧II類(VU)。 100年後の絶滅確率はほぼ100%。 キキョウの花言葉は“変わらぬ愛”。“誠実”などがあります。 秋の七草のひとつ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンゲショウマ(蓮華升麻)☆高尾山・薬王院にて

夏の森に現れた妖精のようなレンゲショウマと吸蜜するマルハナバチ。 開花していたのは数輪。見頃はもう少し先のようです。 2009年7月28日(火)。曇り一時雨の髙尾山薬王院有喜寺境内にて。                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

モリアオガエル(森青蛙)☆高尾山・薬王院にて

自生のモリアオガエル。ここの場所がお気に入りのようです。 目がとても大きくて可愛いです。瞬きした姿は愛くるしいです。 タゴガエルは春に見ました。 タゴガエル(田子蛙)☆高尾山裏高尾にて 高尾山は599メートルの低山です。 ミシ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

マヤラン(摩耶蘭)☆高尾山にて

稀産種のマヤラン(摩耶蘭)。ラン科シュンラン属の腐生植物。 兵庫県神戸市の麻耶山(マヤサン)にちなんでいるそうです。 「環境省 レッドリスト・レッドデータブック(RDB)」 によると 絶滅危惧IB類(EN)、近い将来における絶滅の危険性が高い種とな…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ニホンヤモリ(日本守宮・家守)☆Gekko japonicus

日本固有種ではなく大陸からやって来たもののようです。 爬虫類 トカゲ目 ヤモリ科。 学名 Gekko japonicus. 「日本のレッドデータ検索システム」 によると 東京都では準絶滅危惧種。 アサギマダラを撮影した後にコンデジを落とし…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)とオオバギボウシ(大葉擬宝珠)☆朝の高尾山にて

南南東からの山肌をのぼってきた30kt位の強風に乗り格好良く飛来したアサギマダラ。 その後谷からの風は収まり優雅に滑空してオオバギボウシ(大葉擬宝珠)にとまりました。 この個体は性票があるので雄です。 半透明の薄水色の翅がとても美しい長距離の渡りをする…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

キバナノショウキラン(黄花の鍾馗蘭)☆梅雨の合間の高尾山にて

甘い香りのキバナノショウキラン。無事に咲いています。 環境省レッドリスト・レッドデータブック(RDB) レッドデータブックカテゴリー 絶滅危惧IB類(EN) 「植物レッドデータブックCOMPLETE 」 によると 東京都では絶滅の危機に瀕…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

梅雨の高尾山☆日影沢にて

カジカガエルの美しい鳴き声が渓流沿いに響きます。 オオバジャノヒゲ(大葉蛇の髭)。 フサヒメホウキタケ。かな。 2009年7月1日(水)。梅雨の高尾山。日影沢にて。   …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

アカショウマ(赤升麻)☆南高尾にて

アカショウマ。ユキノシタ科。 強く甘い芳香が辺りに漂っています。 モリアオガエル(森青蛙)の卵塊(らんかい)。 「日本のレッドデータ検索システム」 によると東京都においては準絶滅危惧類に。 高尾…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ツチアケビ(土木通)☆南高尾にて

ツチアケビ。ラン科の腐生植物。 ナラタケ菌と共生するそうです。 黄褐色で2~3センチ位の大きさの花です。 果実がアケビに似るのでツチアケビとのこと。 別名はヤマノカミノシャクジョウ(山の神の錫杖)。…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キバナノショウキラン(黄花の鍾馗蘭)☆南高尾にて

稀産種のキバナノショウキラン。甘い香りが心地よい蘭。 環境省レッドリスト・レッドデータブック(RDB) レッドデータブックカテゴリー 絶滅危惧IB類(EN) 「植物レッドデータブックCOMPLETE 」 によると 東京都では絶滅の危機に瀕して…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フサヒメホウキタケ☆梅雨の高尾山にて

フサヒメホウキタケでしょうか。珊瑚のような姿です。 去年と比べ少ないイチヤクソウ(一薬草)。 2009年6月22日(月)。梅雨の高尾山にて。                    …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more