テーマ:晩秋

陣馬山山頂から360度・パノラマの景色☆晩秋の奥高尾・陣馬山にて

標高857メートルの陣馬山山頂にそびえる白馬の彫刻と山々。秋の青空に映えます。 陣馬山(じんばさん)は戦国時代に北条氏と武田氏が対陣したことから 陣張(じんばり)山といわれたものが後に陣馬山(陣場)と呼ばれるようになったと 伝えられています。 天正年間には甲斐武田氏の狼煙台(のろしだい)が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ニホンザル(日本猿)☆晩秋の奥高尾・陣馬山麓にて

陣馬山(じんばさん)からの帰り道に野生のニホンザルに出会いました。 人家の柿の実を盗み食い。 霊長目・オナガザル科。日本固有種。ホンドザル。 「日本のレッドデータ検索システム」 によると東京都では準絶滅危惧種 。 子供の猿を含め10数頭の群れでした。 …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

マルバノホロシとハダカホオズキの果実☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

マルバノホロシ(丸葉の保呂之)の果実。ナス科・ナス属。 花言葉は「だまされない」だそうです。 ハダカホオズキ(裸酸漿)の果実。ナス科・ハダカホオズキ属。 11月1日から30日までの期間 琵琶滝から山頂までの6号路は 「登り方向の一方通…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キジバト(雉鳩)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

奥高尾のもみじ台近くで休んでいるとキジバトが少しずつ近づいてきました。 別名 ヤマバト。 11月1日から30日までの期間 琵琶滝から山頂までの6号路は 「登り方向の一方通行」 になります。 2009年10月29日(木)。晩秋の高尾山・奥高尾にて。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

後翅が左右とも傷んでいます。2枚の画像とも同じ個体です。 翅は傷んでいても滑空する姿は美しかった。 この個体の翅は傷んでいません。 出会ったアサギマダラは全て雌でした。 雄は何処へ行ってしまったのでしょうか。 秋には南下するという渡りをする蝶。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

モリアオガエル(森青蛙)☆晩秋の髙尾山・薬王院にて

森林の樹上で生活するモリアオガエル(森青蛙)。アオガエル科・アオガエル属。 樹上に泡状の卵塊(らんかい)を産み付けますが 場所の選択を誤り保護されたものが成長しました。 「大きくなりましたね。」 と僕が言うと 「皆さんがそう言いうけどでも毎日見ているとわからないよ(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンドウ(竜胆)☆晩秋の高尾山にて

たくさんの花をつけたリンドウ(竜胆)。今が見頃のようです。 リンドウ科・リンドウ属の多年草。秋を代表する花。 太陽の光を浴びて開花します。 花言葉は「正義感」「誠実」。「あなたの悲しみに寄り添う」など。 10月24日に奥高尾で撮影した…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オケラ(朮)とタチツボスミレ(立坪菫)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

オケラ(朮)。キク科・オケラ属。 包葉(ほうよう)の形が魚の骨に似ています。 タチツボスミレ(立坪菫)が陽だまりに咲いていました。 2009年10月18日(日)。晩秋の高尾山・奥高尾にて。             …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

オオケマイマイ☆晩秋の高尾山にて

オオケマイマイ。オナジマイマイ科。 毛が生えているカタツムリです。 2009年10月22日(木)。晩秋の高尾山にて。                           ブログランキングに参加してます           …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ツルギキョウ(蔓桔梗)の花と果実☆晩秋の高尾山にて

ツルギキョウ(蔓桔梗)の花が一輪だけまだ咲いていました。 ツルギキョウの果実。 環境省カテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU)。東京都では絶滅危惧Ⅰ類。 果実の写真を撮影していたら園児が問いかけてきましたので 説明いたしました。 園児たちが大人になる頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジュウガツザクラ(十月桜)が咲いてます☆晩秋の高尾山・清滝駅前にて

ジュウガツザクラが咲いています。ケーブルカー清滝駅前広場にある清滝(きよたき)の南側です。 気がつかない人も結構います。 可愛い花ですのでお見逃し無く。 2009年10月22日(木)。晩秋の高尾山にて。            …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キッコウハグマ(亀甲白熊)☆晩秋の高尾山にて

キッコウハグマ(亀甲白熊)はとても小さな白い花を咲かせるキク科・モミジハグマ属の多年草。 名前の由来は、葉の形が亀甲に、花がヤクの尾の毛、白熊(はぐま)に似ているから。 3個の小花が寄り添いあい、ひとつの可愛い花に見えます。 …
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

カンタン(邯鄲)とアサギマダラ(浅葱斑)☆高尾山・奥高尾にて

鳴く虫の王様ともいわれるカンタン(邯鄲)。鳴き声は「ルルルルル...」。 コオロギ科・カンタン属 。薄い黄緑色の不思議な色をしています。 アサギマダラ(浅葱斑)。最近の高尾山では何故か見るのは雌ばかりです。 高尾山をバックに撮影してみました。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

冠雪の富士山☆小仏城山と一丁平にて

薄らと雪化粧をした富士山が綺麗です。一丁平の展望台、木製デッキからの景色です。 こちらは小仏城山山頂からの富士山。 小仏城山山頂付近から見た高尾山。 混雑が予想される高尾山山頂付近を避け 朝の静かな奥高尾を楽しみました。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

コシオガマ(小塩竈)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

コシオガマが咲いています。薄紅紫色の可愛い花です。 ゴマノハグサ科・ コシオガマ属。半寄生植物の1年草。 2009年10月18日(日)。晩秋の高尾山・奥高尾にて。                           …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

センブリ(千振)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

センブリが見頃をむかえています。若干薄紫色を帯びた個体のようです。 リンドウ科・センブリ属の2年草。別名 トウヤク(当薬)。 名前の由来は千回振り出し(煎じ)てもまだ苦いとのことから。 リンドウ(竜胆)。リンドウ科・リンドウ属。…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more