テーマ:アサギマダラ

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹~その2☆奥高尾にて

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹。羽化は明朝でしょうか。 無事に羽化して南の大空を舞って欲しいです。 2010年12月23日(木)。奥高尾にて。                           ブログランキングに参加してます 
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹☆奥高尾にて

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹。羽化はもう数日でしょうか。 こちらは別の個体です。無事に越冬して欲しいです。 アサギマダラは尾端からぶら下がる垂蛹(すいよう)と呼ばれる形態で蛹になる                                  …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キジョラン(鬼女蘭)の果実☆高尾山にて

キジョラン(鬼女蘭)の割れた果実から綿毛が出ていました。 この様子を鬼女が髪を振り乱している姿に例えたそうです。 ガガイモ科・キジョラン属のつる性の常緑多年草。 アサギマダラ(浅葱斑)の幼虫の食草です。 2010年12月15日…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆高尾山・奥高尾にて

アサギマダラ(浅葱斑)。何頭ものアサギマダラを観察できました。 タテハチョウ科・マダラチョウ亜科・アサギマダラ属。 一丁平ではマーキングが行われていました。 2010年10月11日(月)。高尾山・奥高尾にて。                     …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

シロバナノハラアザミ(白花野原薊)とアサギマダラ(浅葱斑)☆高尾山にて

シロバナノハラアザミ(白花野原薊)にアサギマダラ(浅葱斑)の雄が吸蜜していました。 ノハラアザミ(野原薊)に吸蜜するアサギマダラ(浅葱斑)の雄。 2010年9月26日(日)。高尾山にて。                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の雄☆高尾山・奥高尾にて

アサギマダラ(浅葱斑)の雄。 タテハチョウ科・マダラチョウ亜科。 後翅の黒い性標が雄の目印です。 2010年8月23日(月)。高尾山・奥高尾にて。                           ブログランキングに参加してます {…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の休息☆高尾山・奥高尾にて

休息するアサギマダラ(浅葱斑)の雄。後翅に性標があります。 タテハチョウ科・マダラチョウ亜科。 渡りをする蝶です。 2010年7月22日(木)。高尾山・奥高尾にて。                           ブログランキング…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆高尾山・奥高尾にて

アサギマダラ(浅葱斑)の雌。 タテハチョウ科・マダラチョウ亜科。 渡りをする蝶です。 2010年6月28日(月)。高尾山・奥高尾にて。                           ブログランキングに参加してます {%薬webry%…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆高尾山にて

アサギマダラ(浅葱斑)の雌が滑空して近くにとまりました。 タテハチョウ科・マダラチョウ亜科。 長距離を移動する蝶です。 2010年6月1日(火)。高尾山にて。                           ブログランキングに参加…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の幼虫☆高尾山にて

数頭のアサギマダラ(浅葱斑)の幼虫を見つけました。 2010年4月18日(日)。高尾山にて。                           ブログランキングに参加してます                         …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹~その3☆高尾山・奥高尾にて

降雪の中、越冬するアサギマダラの蛹の色がおおきく変化していました。 前回の観察は2010年1月6日。 「アサギマダラ(浅葱斑)の蛹~その2☆高尾山・奥高尾にて」 キジョラン(鬼女蘭)の葉に触ってみると凍っています。 翅の模様が透けて見えるのがわかり…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹~その2☆高尾山・奥高尾にて

アサギマダラの蛹(さなぎ)。以前見たものと同個体です。 2009年12月24日(木)クリスマスイブに見た時から変化は感じられません。 無事に羽化するまで出来る限り観察を続けたいと思います。 2010年1月6日(水)。小寒(しょうかん)の高尾山にて。   …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の蛹☆高尾山・奥高尾にて

黄緑色の蛹(さなぎ)。 金粉がついているように見えますね。 見る角度によって緑色にもなるようです。 敵に対して毒を持っていることを知らせているのでしょうか。 蛹も美しいアサギマダラ。 2009年12月24日(木)。クリスマス…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キジョラン(鬼女蘭)☆高尾山にて

キジョラン(鬼女蘭)の綿毛が朝日を浴びて輝いていました。 キジョランの種子(綿毛)が地面にたくさん落ちています。 近くを探すと... キジョランとその果実がありました。 鬼女蘭。名前の由来はその様子…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)の越冬幼虫☆里山にて

渡りをする蝶のアサギマダラ(浅葱斑)の越冬幼虫です。 数えてみたら一株のキジョランに19頭のアサギマダラの越冬幼虫がいました。 冬を越した若齢幼虫が成虫となり春に飛び立っていくことが出来るのは何頭かな... …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆晩秋の高尾山・奥高尾にて

後翅が左右とも傷んでいます。2枚の画像とも同じ個体です。 翅は傷んでいても滑空する姿は美しかった。 この個体の翅は傷んでいません。 出会ったアサギマダラは全て雌でした。 雄は何処へ行ってしまったのでしょうか。 秋には南下するという渡りをする蝶。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヤマトタマムシ(大和玉虫)とアサギマダラ(浅葱斑)☆初秋の高尾山にて

ヤマトタマムシ(タマムシ)の雌です。 「日本のレッドデータ検索システム」 によると東京都では絶滅危惧Ⅱ類。 1枚目の写真を撮影した直後に飛び立ち僕の2~3メートル位前で前後にホバリング。 着地場所を見定めそして画像の木に着陸しました。 産卵のため産卵管を木に刺し…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アサギマダラ(浅葱斑)☆渡りをする可憐な蝶です

海を渡り1,000キロ以上も旅をすることもあるそうです。 翅(し)がすこし傷ついています。どこからやって来たのでしょうか。 春は北上し秋は南下するようなのでもしかしたら台湾からかも。 綺麗な色で飛ぶ姿は優雅です。 白いタオルを振り回すと近寄ってくるとか。 画像の成虫(たぶん雌)は20…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more