テーマ:

クサイチゴ(草苺)☆高尾山・奥高尾にて

開花したての純白のクサイチゴの花が綺麗でした。 なんとなくイチリンソウの雰囲気がします。 後方に見える山は高尾山。 高尾山山頂の気温は7時40頃に3℃位でした。 クサイチゴはバラ科・キイチゴ属の小低木。 この日はシモバシ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ニオイタチツボスミレ(匂立坪菫)☆高尾山・奥高尾にて

ニオイタチツボスミレが斜面に咲いていました。 たくさんの咲いていたタチツボスミレ(立坪菫) とは少し離れた場所です。 この個体には匂いがありませんでした。 2009年12月16日(水)。大雪(たいせつ)の高尾山・奥高尾にて。               …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オトメスミレ(乙女菫)☆高尾山・奥高尾にて

オトメスミレ(乙女菫)が咲いていました。 タチツボスミレ(立坪菫)の一品種で花弁の色は白く距は紫色。 名前の由来は箱根外輪山の乙女峠で最初に見つけられたことによるそうです。 2009年12月16日(水)。大雪(たいせつ)の高尾山・奥高尾にて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

コバノタツナミ(小葉の立浪)☆高尾山薬王院にて

季節外れのコバノタツナミ(小葉の立浪)の花が咲いていました。 シソ科・タツナミソウ属。 別名 ビロウドタツナミ。 2009年11月26日(木)。小雪(しょうせつ)の高尾山薬王院にて。                           ブ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)とカシワバハグマ(柏葉白熊)☆高尾山にて

オクモミジハグマ(奥紅葉白熊)の花。 キク科・モミジハグマ属。 紅葉に似た葉で花がヤクの尾の毛、白熊(はぐま)に似ているから。 3個の小花が寄り添いあい、ひとつの花に見えます。 カシワバハグマ(柏葉白熊)の花。 キク科・コウヤボ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

アケボノソウ(曙草)☆高尾山・南高尾にて

アケボノソウ(曙草)が元気に咲いています。「平成20年8月末豪雨」 にも耐えた個体。 リンドウ科・センブリ属の2年草。 「日本のレッドデータ検索システム」 によれば東京都では 絶滅危惧II類(VU):絶滅の危険が増大している種。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ナギナタコウジュ(薙刀香需)☆裏高尾にて

ナギナタコウジュ(薙刀香需)。 シソ科。香りがあります。 裏高尾で群生しています。 アキノキリンソウ(秋の麒麟草)の紅葉。キク科。 奥高尾・もみじ台南側巻き道。 コウヤボウキ(高野箒)。キク科。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シモバシラ(霜柱)とヤマハッカ(山薄荷)☆高尾山・奥高尾にて

シモバシラは特に珍しくない花ですがウスベニシモバシラ(薄紅霜柱)というのもあるそうです。 残念ながら写真のものは違うようです。 ヤマハッカ(山薄荷)。シソ科。 2009年9月22日(火) 国民の休日。仲秋の高尾山・奥高尾、小仏城山にて。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

フジレイジンソウ☆高尾山・奥高尾にて

茎に稜があることを確かめてきました。フジレイジンソウでしょうか。 フジレイジンソウ。キンポウゲ科。  高さ40~60cmの多年草。奥高尾方面に稀産する。 広い地域に分布するレイジンソウとくらべて、茎に稜があること 萼片の外面に直毛があることなどの特徴がある。         …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シロツリフネ(白釣舟)☆高尾山にて

白花のツリフネソウ(釣船草)。紅斑もありません。シロツリフネ(白釣舟)でいいでしょうか。 別名 チョウセンツリフネ(朝鮮釣船)。シロバナツリフネソウ(白花釣船草)とか。 こちらはツリフネソウ(釣船草)。ツリフネソウ科 1年草。 花言葉には「安楽」「私に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

仲秋に咲いた花たち☆高尾山・小下沢(こげさわ)編

レモンエゴマ(檸檬荏胡麻)。シソ科。 高尾山で最初に発見され発表された植物。 葉を擦ってみてください。レモンの甘い香りがしたら本種です。 嫌なにおいがしても責任は持てませんけど... ツリフネソウ(釣舟草)。ツリフネソウ科。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仲秋に咲いた花たち☆高尾山・日影沢編

ジャコウソウ(麝香草)。シソ科。 キツリフネ(黄釣船)。ツリフネソウ科。 群生して咲いています。 レモンエゴマ(檸檬荏胡麻)。シソ科。 葉を触るとレモンのような心地よい香りがします。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

レイジンソウ(伶人草)☆奥高尾にて

レイジンソウ(伶人草)。キンポウゲ科・トリカブト属。 フジレイジンソウ。  高さ40~60cmの多年草。奥高尾方面に稀産する。 広い地域に分布するレイジンソウとくらべて、茎に稜があること 萼片の外面に直毛があることなどの特徴がある。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

シモバシラ(霜柱)☆仲秋の高尾山・小仏城山にて

シモバシラ(霜柱)の花が高尾山や小仏城山の彼方此方で咲いています。 冬には美しい氷華を見せてくれます。 この氷柱の写真は2009年1月4日(日)に撮影したもの。 2009年9月16日(水)。仲秋の高尾山・小仏城山にて。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ツルギキョウ(蔓桔梗)☆仲秋の高尾山にて

ツルギキョウ(蔓桔梗)。キキョウ科。 「日本のレッドデータ検索システム」 によれば環境省カテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 。 東京都では絶滅危惧Ⅰ類。 2009年9月16日(水)。仲秋の高尾山にて。                          {%薬w…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

カシワバハグマ(柏葉白熊)☆白露の高尾山にて

カシワバハグマ(柏葉白熊)が開花し始めました。 2009年9月7日(月)。白露の高尾山にて。                           ブログランキングに参加してます                       “ぽち…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

ツルギキョウ(蔓桔梗)☆白露の高尾山にて

ツルギキョウ。キキョウ科。 「日本のレッドデータ検索システム」 によれば環境省カテゴリ: 絶滅危惧Ⅱ類(VU) 。 東京都では絶滅危惧Ⅰ類。 2009年9月7日(月)。白露の高尾山にて。                           ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマウズラ(深山鶉)☆高尾山にて

ミヤマウズラ(深山鶉)。ラン科・シュスラン属。 茎の下につく小さな卵形の白い斑入りの葉が鶉の羽の模様に似ているから。 2009年8月26日(水)。処暑の高尾山にて。 薬王院でムササビ観察。2頭の滑空を見ることが出来ました。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)☆里山にて

コバノカモメヅル(小葉の鴎蔓)。ガガイモ科。 星型の小さな花を咲かせます。多年生つる植物。 名前の由来については不明です。 花を横から見るとカモメが飛行している姿に似てるかも。 これから高尾山に行ってきます。 ムササビが滑空する姿を見たいと思います。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

キキョウ(桔梗)☆夏の高尾山・奥高尾にて

稀産種のキキョウ(桔梗)が咲いていました。自生株でしょうか。 「環境省 レッドリスト・レッドデータブック(RDB)」 では絶滅危惧II類(VU)。 100年後の絶滅確率はほぼ100%。 キキョウの花言葉は“変わらぬ愛”。“誠実”などがあります。 秋の七草のひとつ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

レンゲショウマ(蓮華升麻)☆高尾山・薬王院にて

夏の森に現れた妖精のようなレンゲショウマと吸蜜するマルハナバチ。 開花していたのは数輪。見頃はもう少し先のようです。 2009年7月28日(火)。曇り一時雨の髙尾山薬王院有喜寺境内にて。                 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more